PECSとは何か?

絵カード交換式コミュニケーションシステム

詳しくはこちらもご覧ください

PECSが必要な人かどうか。→フローチャートで確認する


アンドリュー S. ボンディ, Ph.D. & ロリ・フロスト, M.S., CCC/SLPにより開発

PECS(Picture Exchange Communication System:絵カード交換式コミュニケーションシステム)とは、自閉症やその他のコミュニケーション障碍を持つ子どもから成人の方に、コミュニケーションを自発するように教えるための絵カードを使ったユニークな代替コミュニケーション方法です。

1985年にアメリカのデラウェア州にて開発され、デラウエア州自閉症プログラムで最初に使用されてから、PECSはコミュニケーションの自発の要素に焦点を当てたものとして世界約10カ国以上に認知され、使用されています。複雑で高価な教材を必要とせずに教師、施設職員、家族なども御自身で作ることができ、様々な場面で簡単に使用できます。

PECSでは、要求を充足してくれる先生と欲しいアイテムの絵カードを交換することを対象者に教え始めます。トレーニング手順は、行動分析学者のB.F. スキナーの業績に基づき、ごほうび(好子)のシステムや手助け(プロンプト)を用いて指導を行います。そのような指導を通して絵カードを手渡して物を要求することやシンボルを弁別すること、シンボルを組み合わせて簡単な文を作ることを教えていきます。最も進んだ段階の指導では、コメントや質問に応答することも教えます。このような指導によって子どもから成人の方までもが自発的にコミュニケーションをとることができ、PECSを早くから使っている幼児の多くが発語も発達させているケースもあります。


このシステムの基盤となるPECSの指導法について書かれた『PECSトレーニングマニュアル第二版』は、ロリ・フロスト, MS, CCC/SLPとアンドリュー・ボンディ, PhDによって書かれ、効果的にPECSを実施する上で必要な全ての情報を網羅しています。この本は、トレーニングの6つのフェイズを通じて読者を導き、例、有益なヒント、進歩を追うための記録用紙を提供しています。このトレーニングマニュアルは、コミュニケーションや行動分析学の分野の専門家によって最も革新的な指導プログラムのひとつとして認められています。


PECSに関してもっと情報を知りたい方はこちら! → よくある質問

  

PECSの概略

フェイズ T
とても欲しいアイテムに対して1枚の絵カードを交換することからスタートし、コミュニケーションを自発することを生徒に教えます。

フェイズ U

絵カードを自分で探しに行ったり、相手のところまで絵カードを持っていくといったことを通して、コミュニケーションの相手に持続的に働きかけることを教えます。

フェイズ V
絵カードを弁別し、欲しいアイテムと一致した絵カードを選ぶように教えます。

フェイズ IV
「_____ください」という文を構成し、文章で要求することを教えます。

フェイズ V
「何がほしいの?」という先生の質問に応答することを教えます。

フェイズ VI
質問に答える形で、周囲の物事について自発的にコメントすることを教えます。

語彙を広げる
要求の範囲内で色、形、大きさのような属性語の使用を教えます。


Picture Exchange Communication System®, PECS®, Pyramid Approach to Education® はアメリカ本部 Pyramid Educational Consultants, Inc.の登録商標です。

ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社
〒803-0835 北九州市小倉北区井堀3-6-32
電話; 093-581-8985 FAX:093-980-1923